何時でも右往左往!!
mrtu40.exblog.jp
錆び付いた線路だけが残る旧揖斐川線、既に尻毛駅も駅舎は撤去されてます。
by moririny
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る
ブログトップ | ログイン
旧中山道を流す Part31
2006年 11月 26日 |
野洲川を越えると武佐宿(むさしゅく)へと約13km程の道程です。
暫く進むと「森家」と云う本藍染めの看板がある家の前を通過します。
ジャパンブルーです!!




森家から暫く進むと桜生史跡公園に到着します。
ここは、甲山・円山古墳など古墳群があり、新幹線の工事の時に大量の銅鐸が出土しその展示をしている「銅鐸博物館」が国道8号を越えたところにあります。
この中の甲山古墳は小学校の遠足で来た記憶があります。小学校6年生までは大阪にいたので多分社会見学で来たと思いますが、こんな綺麗に整備されていなかった記憶があるのですが。だってね30年も経てば変わるよね…
b0004144_18372418.jpg

また中山道を進むとここはR8号と合流と分離を繰り返しながら進むと右手に竜王かがみの里という道の駅が見えてきます。この道の駅の斜向かいに、義経元服之池が在ります。
b0004144_18465497.jpg

この地は「東山道」時代の鏡の宿が在った場所で、奥羽に向かう際に一人で烏帽子を被り元服をした地と語られています。近くには宿泊した館の跡として碑が建っています。
また近くの鏡神社に烏帽子を掛けた松がありますが、台風で折れて今はこんな状態で残っています。
b0004144_18522443.jpg

またひたすら自転車を漕いで旅は続きます。
by moririny | 2006-11-26 18:54 | Touring
<< 旧中山道を流す Part32 頁とっぷ 旧中山道を流す Part30 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
ちぎり絵 紅葉 Skin by Sun&Moon