何時でも右往左往!!
mrtu40.exblog.jp
錆び付いた線路だけが残る旧揖斐川線、既に尻毛駅も駅舎は撤去されてます。
by moririny
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
ブログトップ | ログイン
旧中山道を流す Part27
2006年 11月 23日 |
旅の1日目のおさらいです。
輪行初日は早起きです。5時30分に目覚ましを掛けて、6時30分に出発です。
岐阜羽島まで約20kmなので約1時間30分ほど掛かるわけです。(私の巡航速度は平均15km位)
8時過ぎに駅に到着し用意していた前輪だけ外して包み込めると云う「TIOGA ラクーン」を取り出しパッケージを行うが、私のTR1は全長が長かった様で(事前に調べろって)肩掛けベルトを出す穴からステアリングを出すはめになり、不格好なパッケージとなりました。
b0004144_22202697.jpg





そんなこなで結構時間が掛かりましたが、目的とする「こだま」は1時間に1本の運行であるため、焦ることはなくまたーりとした時間を過ごし、新幹線へ乗り込み、約40分後に京都に到着です。
まぁ今回は京都観光ではないので、出発地点の三条大橋へ移動です。
途中「先斗町歌舞練場」の脇を抜け、三条大橋を目指しました。
b0004144_22273190.jpg

ちなみに三条大橋西詰には「弥次さん・喜多さん」の像が建っています。
b0004144_22315471.jpg

この三条大橋は「東海道五十三次」・「中山道六十九次」の起点となる橋です。
出だしの天候は「晴れ」心地よい風を受けながら岐阜まで約120km程の旅を始めます。
b0004144_22364060.jpg

by moririny | 2006-11-23 22:38 | Touring
<< 旧中山道を流す Part28 頁とっぷ 旧中山道を流す Part26 >>
XML | ATOM

個人情報保護
情報取得について
免責事項
ちぎり絵 紅葉 Skin by Sun&Moon